Columnコラム

ぽぽちゃん

ぴぴちゃん

ホームページとSEO- SEO対策 -

※この記事は2018.11.02に書かれた記事です。

インターネットが始まったときから、YahooやGoogleといった検索サービスとホームページは切っても切り離せない関係にあります。

 

膨大な情報の中から、私たちが知りたい、調べたいことを探し出してくれるのが検索サービスです。Google がインデックスしているWEBページ数は数千億以上、その情報量は世界中の図書館をすべて合わせても収まり切れないとも言われています(Google Japan Blogより)。

 

情報の渦から的確な情報を探し出してくれる検索エンジンなくしてホームページの発展はなかったでしょう。

 

検索エンジンで上位に表示されることで、これまで出会ったことのないユーザーに認知される機会を得ることは、まだ見ぬ島へと旅にでるような、ある種、ロマンあふれる冒険といえる趣もありました。

 

一方、最近、よく目にするのが「SEO」という言葉。

 

「検索順位を上げるサービス」として売り込みをかけている企業も多いかと思います。

 

「SEO」は“search engine optimization(検索エンジン最適化)”の略です。

検索エンジンの

「free(無料)」

「organic(オーガニック)」

「editorial(編集)」

「natural(自然)」の検索結果から、

トラフィック、サイトへのアクセスを取得するプロセスです。

Search Engine Land ”What Is SEO?”より)

 

ちょっと表現が難しいですが、広告や人の紹介によらず、YahooやGoogleなどの検索エンジンにしっかりと見つけてもらい、表示してもらうことで、適切なページに案内してもらうことぐらいの意味で理解していただいても問題ないかと思います。

 

「検索順位が上がる」という表現は、自然にというニュアンスを含みます。

「検索順位を上げる」という言葉には、人の手によってという意味合いが含まれます。

 

GoogkeやYahoo、Bingなど主要エンジンは、ガイドラインを公表してはいますが、具体的な方策は明らかにしていません。

もし人の手で順位が歪められるのであれば、検索した人の意思を台無してしまいます。

さきほど冒険と言いましたが、かつては検索を愉しむネットサーフィンという趣味もありました。

ランキングが人工的に作られていると知ったら、そんな楽しみはなくなってしまいます。

 

私たちの考えるホームページとSEOの関係とは?

 

私たちは「検索順位を上げる」のではなく、「検索順位が上がる」ことを、大切に考えています。

見る人も見せる人もわくわくするようなホームページを目指して、日々、製作をしています。

だから、検索エンジンをハックするつもりは全くありません。

 

今あるホームページ、みなさまの商売を大切に考え、その魅力をあますことなく伝えられるよう、検索エンジンにインデックスさせたいと思っています。

 

検索エンジンに向き合うのではなく、寄り添うことを第一に。

 

ブラックな手段で検索エンジンと対決し、偽りの情報で騙すのではなく、しっかりとそのホームページの良さ、みなさまのビジネスのすばらしさを伝えていくことをSEOでも心掛けていきたいと思います。

 

▶他のコラムを探す

  • 記事のテーマから選択

  • 月別アーカイブから選択