Google Map 検索エンジン最適化(MEO)の前に知っておきたいこと | マーケティングプラス

Columnコラム

ぽぽちゃん

ぴぴちゃん

Google Map 検索エンジン最適化(MEO)をする前に絶対知っておきたいこと- Webサイト管理のHow to -

※この記事は2019.08.16に書かれた記事です。

Google Map は今や重要な集客ツールです。

スマートフォンでの検索が主流になった今、「地図で検索をする」という行為がとても身近になりました。言い換えれば、マップ検索で出てくる情報が、集客に大きく影響する時代になったということです。

「だったら、SEOみたいに、対策ができればいいのに…」

実は、対策は可能です。実際に、飲食店や美容院、病院、不動産店など、Google Map の対策をしたら問い合わせの数が増えた! という声は多く聞こえてきます。

MEO(Map Engine Optimization)とは?

SEOが「Search Engine Optimization=検索エンジン最適化」であったのに対し、MEOは「Map Engine Optimization=マップ検索エンジン最適化」のことです。

Google Map で検索をした時に、見つけてもらいやすくしたり、正しい情報を表示させたりして、お問い合わせや来店の数を増やすことを狙います。

善意のつもりがスパム扱いに? MEOの注意点

ただし、MEOを始める前には、必ずガイドラインに目を通しておくことが重要です。

MEOはSEOよりも手軽な反面、Google の対応はシビアな傾向があります。

規約違反を繰り返した場合は、最悪の場合、スパムと判断され、Google Map から削除の上、二度と復旧できなくなってしまうこともあります。
その場合、仮に復活できたとしても、今まで溜まっていた評価などはイチからやり直しになってしまいます。

特に「やってしまいがち」なミスは「名前」の規約違反

クリックして拡大

「名前」にアピールを入れるのはNGです! ※画像は合成によるイメージ

Google Map の中でも一番目立つ要素の一つが「名前」です。
例えば当社の場合「マーケティングプラス株式会社」という名前だけよりも「2000社以上のWeb制作実績・マーケティングプラス」などのアピールを入れた方が、クリック率が上がるようにも思えます。

しかし、Googe Mapで「名前」に名前以外の情報を入れるのは禁止されています。

他店がやっているからといって、決して真似をしないようにしてください。
申請を上げても否認されるか、申請が通ったとしても「悪質だ」と判断されればお店の情報そのものが削除されてしまうリスクすらあります。(2019年8月現在)

「代理店に任せていたらアカウント停止に!」MEO の代行を依頼する場合も、自分で監視を

そこでもう一点気を付けたいのが、Web制作会社や広告代理店にMEOを依頼する場合です。
あえて・もしくは・知らずにガイドライン違反に手を染める悪質な業者もあるからです。

もし、代理店がガイドライン違反のMEO 対策を行った場合、店舗情報が目立つようになり、一時的に問い合わせも増えるので、施策が成功しているように感じるかも知れません。

しかし、ガイドライン違反の代償として、Google Map からスパム判定を受け「情報が完全に削除されてしまった」「なのに代理店は知らんぷり……」というお店の被害が散見されています。

もしMEOの代行を依頼する場合でも、頻繁に自分で、ガイドラインとGoogle Map に表示されている店舗情報を照らし合わせることで、自衛をすることが大切です。

Googe Map のガイドライン違反は、誰でも「通報」できる点にも留意を

Google には、Google にガイドライン違反を通報するためのメールフォームがあります。基本的には誰でも通報することができます。

「バレなければいい」というものでは決してありませんが、Web上にはGoogle の目の他にも、パトロールをされている個人の方であったり(通報をするとポイントも溜まります)、ライバル他社だったりと、スパム通報に積極的な”目”がたくさんあることも認識しておくべきです。

「ライバル他社がやっているから」「代行業者に大丈夫と言われたから」という安易な判断はトラブルの元です。
正しいルールを把握して、自店のMAP情報をじっくり育てて集客に活用していきましょう!

近年、Google のスパムの取り締まりは厳しくなってきており、ペナルティもしっかり科されるようになりました。
少々面倒でも、MEOを含むGoogle の検索対策をする時は、ガイドラインを事前に確認することで「身を守りながら」「恩恵を最大化する」ことができます。
もしガイドラインを読んでもご不明な点などありましたら、マーケティングプラスのサポートまでお気軽にご質問をいただければと思います。

▶他のコラムを探す

  • 記事のテーマから選択

  • 月別アーカイブから選択