新型コロナ詐欺でパスワードを盗まれないよう気を付けて!

Columnコラム

ぽぽちゃん

ぴぴちゃん

新型コロナ詐欺でパスワードを盗まれないよう気を付けて!- Webサイト管理のHow to -

※この記事は2020.04.15に書かれた記事です。

新型コロナウイルスの影響で、世界中が厳しい状況にあります。
少しでも早く正確な情報が欲しいと思うのはみな同じ気持ちでしょう。

 

ですが、こんな時期だからこそ詐欺に注意!

 

その気持ちを利用してパスワードを盗み出していまう悪意あるソフトウェアが流行しています。
新型コロナウイルス感染症の流行に便乗したサイバー攻撃が、世界各地で多数確認されています。

 

セキュリティ会社のBitdefenderは、ルーターを乗っ取り、WHOの名をかたって「COVID-19感染状況に関するアプリ」を名乗る偽のプログラムをダウンロードさせ、パスワードを盗み出すマルウェア(悪意あるプログラム)が確認されたとしています(2020年3月25日)。
(英語)https://labs.bitdefender.com/2020/03/new-router-dns-hijacking-attacks-abuse-bitbucket-to-host-infostealer/

 

この他にもCoronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSEの「新型コロナウイルスの感染状況に関するマップ」の見た目を真似した Windows 向けのマルウェアも発見されまています。

閲覧時にダウンロードを求められる場合は特にご注意ください。
(英語)https://www.esri.com/arcgis-blog/products/arcgis-online/administration/coronavirus-downloadable-malware-map-app-clarification/

 

このほかにも元大臣がコメントした等の偽情報を流すチェーンメールや、SMS(ショートメッセージサービス)を利用してメッセージの受信者を偽のサイトへと誘導する手口(スミッシング)など様々な事例が確認されています。

 

悲しいですが、こういう様々な手法を用いて人々の不安を煽り、攻撃を行う人々が現実にいます。不審なメールを開かない、不審なファイルを実行しないという基本を徹底して行ってください。

テレワーク等でご自宅からアクセスすることも増えるかと思います。こういう時期だからこそ、怪しいソフトのダウンロードを行わないなど、注意深くネットを利用してください。

▶他のコラムを探す

  • 記事のテーマから選択

  • 月別アーカイブから選択